駐車場の法律

 

私たちが生きていく中では、いろいろな法律が関わっています。法律によって、周りの人たちとのトラブルが解決していくとも言えますし、大きな犯罪になる手 前での抑止力になっているとも言えます。この法律、パーキングにもパーキングについていの法律があると、知っていましたか。 駐車場に関しては、駐車情法という法律が関わっています。道路については、道路交通法などが基本となっていますが、駐車場には駐車場専用の法律があるので す。

たとえば、駐車場を設置したいと思った時、基軸となるのは、駐車情法という法律です。また、駐車場法に加えて、バリアフリー法も関わってくる可能性が あります。 駐車場を作りたい場合、それが路外駐車場なのか、区画内の合計面積がどれだけなのか、駐車料金を徴収する物なのかと言ったところをはっきりさせて、法的に 合致するようにしなくてはいけません。 路外駐車場でない場合や、面積が狭い場合などは、届け出が必要なかったりするので、自分が設置したいと思っているパーキングの内容によって、どれだけ法的 手続きが必要なのかが変わってくるのです。

ネット上で検索してみますと、駐車情法にのっとった手続きが必要な場合とそうでない場合が、簡単な質問に答える だけでわかるフローチャートになっているものがたくさんありますから、簡単に見分けることが可能となっています。 これから駐車場を設置しようと考えている人、興味や関心を持たれたという方は、ぜひとも駐車場法について詳しく調べてほしいと思います。

コインパーキングのからくり

ここ数年、コインパーキングが増えています。
コインパーキングを利用している方も多いのではないでしょうか。
コインパーキングには、看板があります。
看板には、値段と注意事項が書かれています。
皆さんは、しっかりと読んだ事がありますか?

私は、値段のところしか読んだ事がないような気がします。
1時間いくら?1日最大いくら?ここだけは、じっくり読んでいます。

じっくり読んでいたのですが、私一つ間違えを知りました。
それは、1日最大600円とあった場合、素直に1日600円と考えていました。
もし、3日間、このパーキングに駐車した場合、600円×3で1800円と思っていたのです。
実は、この考えは間違えなのです。
多くのコインパーキングは、1日最大の料金は、1回に限るのです。
これは、料金箱の裏に書かれている事が多いのです。
なので、3日間同じコインパーキングに駐車した場合、1800円を上回る金額が請求されます。
それは、多額な金額になり驚く人は多いでしょう。

私と同じ様に、勘違いしている人は多く、
コインパーキングの料金のトラブルは、国民生活センターに多く寄せられているそうです。
看板に料金表示を書くときに、
注意(1日最大料金は、1回限り)としっかりと書くと、トラブルも減ることでしょう。

コインパーキングを利用する皆さん、規約をしっかりと読んで、トラブルにならないように気を付けましょう。

コインパーキングは日本の誇り

今では、あらゆる所にコインパーキングが存在します。私達、日本人にしてみれば、普通の光景でしょう。

駅前や観光スポットに周辺には、コインパーキングがあります。
最近は、事前に値段や空き状態がわかるようになり、なお一層便利になりました。
私も運転しますが、月に何度かはコインパーキングにお世話になっています。

先日、外国人の友人が遊びにきました。
私は、普段と変わらず、コインパーキングに駐車をしました。
友人は、コインパーキングというものに驚いていたのです。
「こんなところに、お金の箱を入れとくのは危ない」っと。
言われれば、そうだなーっと思いました。

コインパーキングは、バブル破綻後に設置されるようになったのです。
言われれば、私の小さい時にはありませんでした。
それも、91年に台東区で世界で初めてコインパーキングが設置されたのです。

それも、日本を代表する発明であり、日本にしか設置されていないそうです。
日本にコインパーキングが設置できる理由は、次の点です。
治安が良いという点です。
昔に比べて、治安は悪くなりましたが、コインパーキングのお金を入れる箱が盗難された事は、聞きませんね。
コインパーキングと同じように、自動販売機があちらこちらにある風景も、外国の方には珍しいようです。

ここ数年で違法駐車の取り締まりも、厳しくなってきました。
ますます、コインパーキングを利用する人は増えていくでしょう。

高級物件はインテリアにもこだわりたい

レジデンスと呼ばれる高級物件は、そのクオリティに相応しく
内部のインテリアにもこだわりたいものですね。
新築の分譲物件ならば、インテリア類全てを一新して
生活も気分もまっさらな新しい気持ちで迎えるのもいいですね。

インテリアはコンセプトと統一感が大切です。
ただ家具を選んだり配置したりするのだけが、
インテリアコーディネートではありません。
その部屋の壁の素材や床の色、そしてそれらにマッチした
家具やカーテンを選んで組み合わせていくのが
いいですね。

部屋のコンセプトを予め決めておくのも良いでしょう。
クールで都会的なモダンデザイン、温かみとリラックス感を
感じさせる北欧風デザイン、素朴な力強さが特徴のアジアン風、
先鋭的でスタイリッシュなイタリアデザイン、
おしゃれで小粋なフレンチデザイン等など、そのデザインの
傾向によって家具やカーテンといったテキスタイルを
揃えましょう。

ひとつひとつインテリアを揃えていくのは
非常に楽しいことですが、時間的な制約もあって、
なかなか思うに任せない時は、まとめてプロにお任せして
部屋を作り上げるという方法もあります。

インテリアコーディネートは色や素材、デザインといった
様々な要素が絡み合うため、行き当たりばったりに
作っていたのでは費用ばかりがかかって、うまく
行かない場合があります。

プロのインテリアコーディネーターに、自分が求めている
部屋のコンセプトを伝えて、部屋を作り上げるお手伝いを
してもらいましょう。

無料でラウンジを利用

レンタルオフィスと聞いただけで、わざわざお金を払って会議室を借りるから、高額になってしまうのではないかと、悪いイメージを持ってしまっている人は、 多いのではないでしょうか。 確かに、レンタルオフィスを借りたら、お金はかかってしまいます。しかし、レンタルオフィスを使う時、無料で使えるスペースやサービスなどが用意されてい ることも多々ありますので、知っておいた方が良いと思います。 こういったサービスはそれぞれのレンタルオフィスによって違いが出てきてしまいますので一概には言えないのですが、たとえばフリードリンクサービスなどを しているところもあります。

そして、意外と便利に利用できるのがラウンジです。どこのレンタルオフィスを借りても、だいたいついているのではないでしょうか。受付横などに設けられて いたりして、ちょっと休みたい時にゆったりと座れるようなソファと、簡易的なテーブルなどが併設されているものです。少し書き物をしたい時などにも使える 場所です。腰を据えて仕事をするまではできなくても、少し座って話をしたり、ちょっとした仕事をするのに適しているのではないでしょうか。 急な来客があった場合にも便利に利用できます。特に事前予約などは必要なく、好きな時に行って使えるというものが一般的です。

レンタルオフィスを利用して いる人たちが集って勉強会をしたり、情報交換をしたりするのにも賢く利用できる場所なのではないかと思います。

都心部のレンタルオフィス

 

都心部にある一等地のビル内で仕事をしてみたいという夢を持っている人は多いかもしれません。実際にはできなくても、夢、憧れとして考えている人は意外と 多いのではないでしょうか。テレビドラマや映画に出てくるような、高層ビルの一室で、街中の景色を眺めながら、大きな全面ガラスの窓のある部屋で仕事をす るというのは、いかにも絵に描いたようなステータスなのではないでしょうか。

地方の企業などに就職し、そういった都会のオフィスには縁がないという人には、あまり現実的ではない話かもしれませんが、もしかしたら、そういったところ で短期的にでも働く可能性があるかもしれません。 それというのも、レンタルオフィスというものが登場してきているからです。東京都内以外でも、日本全国でレンタルオフィスの存在は多くなってきています。 来月は気分を変えて、レンタルオフィスで会議をしましょう、と提案される社長さんもいるかもしれませんから、そういったおしゃれなオフィスに足を踏み入 れ、仕事や研修をする機会も可能性はあるのではないでしょうか。

雰囲気が醸し出すものは意外と大きなもので、一流のビル群に入っている一室で仕事をすることで、なんだか自分ができる人になったような錯覚に陥ってしまう かもしれません。でもそれは悪いことではなく、そういった気持ちになることも時には必要で、仕事のモチベーションや新鮮な気持ちを取り戻すと言った意味で 大事なことだと思います。

 

パーキングの大切さ

パーキングは車を所有している人にとっては欠かせないもので
これがないと車を持つことができません。
もしお持ちの車が高級車であれば、盗難などの被害にあいやすく
常に狙われる的となりますので、パーキングにただ停めておくだけではなく
それなりにきちんとしたパーキングを選びそこに停めておかなくてはなりません。

パーキングには、コインパーキングや月極駐車場など
時間単位で停めることができるものから、月々払いで停めることができるものがあります。
車を持っている方にとっては、どちらも必要なものです。
毎日停めておける、車を保管できる駐車場が要りますし、出かけた時に
停めておくことができる駐車場も必要です。また、通勤などに使うのであれば
会社に近くにも駐車場を確保しておかなくてはなりません。
そこで、高級車をお持ちの方には、それぞれの場所において
車上荒しなどに遭わない駐車場を契約しておくほうがいいでしょう。
レジデンス駐車場があれば、ベストでありセキュリティもしっかりしていますし
雨や風にさらされることなく車を停めておくことができる場所となっていることが
多いですから高級車を保管しておくには最適です。

車自体にセキュリティを万全にかけていても、それらを振り切って盗んでいく被害が
多発していますので、やはり24時間監視されており、完全に守られるような
セキュリティがあるところを探し、そこを契約しておくことをしていきましょう。
まずはパーキングを確保が大切な車を持つために必要なことなのかもしれません。

高級感のあるレジデンス

一般的に、マンションについて「レジデンス」という単語を使った場合、みなさんはどういった印象を受けるでしょうか。どういったところかはわからないけれ ど、なんとなく高級そうなところだな、という印象を受けるのではないかと思います。 マンション名には、メゾン、とかレジデンスとか、ハイツとか、番地や棟名などのほかにも、名称がつけられていることが多いのではないでしょうか。

古くから ある賃貸物件では、コーポなんていうのも多いですし、ヴィラなどもよく聞きます。名前の響きと言うのは非常に印象を左右してしまうもので、名前が気に入っ たから、あっちよりこっちの物件で、という選択の仕方をする人も多いかもしれません。 渋谷や銀座と言うネームバリューがあるように、やはりマンションやアパートにも、高級感が出るネーミングと言ったものが存在します。

レジデンスと言う響き だけで、とても髙そう、高級そう、上質そう、といったイメージが、自然と出てきてしまうのではないでしょうか。 特にレジデンスと言う言葉を使った場合、ハイグレードであることの象徴、といった雰囲気が出ますし、タワーマンションの上層階に対してレジデンスと言う言 葉を使うこともあるようです。みなさんはレジデンスに住みたいという憧れを持っているでしょうか。高級な分、お値段もそれ相応になってしまうかもしれませ んが、レジデンスは憧れの一つ、ステータスの一つであるかもしれませんね。

 

 

物件と駐車場

 

賃貸マンションを契約する際、自分がもし車を所有していたとしたら、駐車場もあわせて探さなくはいけません。その時、家と言う物件が最優先されて、考えら れるかもしれませんが、駐車場スペースに関しても、しっかりと考えておかなくてはいけないkとです。

ただ単に車を置いておくスペースだという概念があるかもしれませんが、置き場所によっては、車を傷ませてしまうことにもなってしまいます。特に、屋根がな い場所が多いかもしれませんが、雨ざらしになっているということはその分劣化も早いという事になってしまいます。 高級な車を持っている人は、良く考えた方が良いのではないでしょうか。また、砂利道など、質の良くない地面になっていることもあります。

その場合、砂利だ からという事で駐車場の値段も安く設定されているかもしれませんが、そこに決めてしまうと、タイヤや車体を傷つけやすくなってしまうというデメリットにも 同意したことになってしまいます。良い駐車場を決めるという事は、愛車を長きにわたって守るという事でもあります。 また、立地条件、賃貸物件からどのくらい離れているかということも大きなポイントです。なるべく安い駐車場を探そうとすると、物件から遠く離れた場所に なってしまった、なんていうこともよくおきます。子供連れなのに、かなり遠い距離を大荷物を持って帰っていくのは大変なのではないかと思います。駐車場を 決める時は良く考えて慎重にジャッジしましょう。

都内の駐車場

自分の車を持つ事を夢だと思う人は多いでしょう。
一言で車といっても、金額がかかるのは車代だけではなく、車を維持するお金がも必要になります。
維持代といえば、ガソリン代や駐車場代、保険代に車検代等、本当にお金がかかるものです。
特に都内で駐車場は、駐車場代が大変かかります。

都内で一番、駐車場代がかかる場所は、渋谷、麻布、六本木周辺です。
この辺りは、土地が高い場所でもあるので駐車場代も高くなります。
そして、安くても3万円以上そして平均6万円です。
上限をみると10万円クラスが沢山あります。
10万、これは、郊外へいけば賃貸マンションが借りれる位の値段です。
ほとんど方は、この駐車場代の値段は高いと思う人の方が多いでしょう。

23区でも、都心部から離れれば、月1万位で借りれて、平均3万円と言われています。
同じ東京の多摩地域では、1万円で車が2台分借りれます。

これを考えても、渋谷、麻布、六本木周辺の駐車場の値段は、ずば抜けて高いです。
土地が高いというのも理由ですが、実は、高い理由が他にもあるのです。
これらの地域は、もともと月極の駐車場がないのです。収益が高いコインパーキングの方が多いのです。
その為、わずかしかない月極の駐車場は倍率があがり、値段があがっていくのでしょう。

しかし、都心部に近づけば近いほど、車を保有する事は難しいです。
最近では、シェアカーを上手く利用する人も多いそうです。