神谷町って住むにはどう?

港区虎ノ門に位置する神谷町駅は、日比谷線の駅の一つで
駅そのものは割合にこじんまりした作りで、他路線との
接続もありませんが、近隣に虎ノ門、都営地下鉄の御成門駅など
があり、また付近にオフィスや各国の大使館などが多くあることも
あって、駅の規模から予想されるよりも乗降客の多い駅です。

バス路線を含めれば、虎ノ門方面は言うに及ばず、新橋、日比谷、
芝公園、三田、六本木などへのアクセスもよく、治安も良いので
勤務地としてはもちろんのこと、住居地としても便利のよい
場所です。

神谷町界隈は名だたる高級マンションも多く、近年では
城山トラストタワーの高級レジデンスや、ごく最近では
新規オープンした複合ビルの虎ノ門ヒルズ内にも眺めのよい
高層エリアに洗練された住居フロアを持っています。

神谷町、虎ノ門近隣の高級マンションは、
http://www.at-residence.co.jp/area/minatoku/toranomon/にも
紹介されていますので、都会のハイセンスでノーブルな
住まいをお求めの方は検索してみることをお勧めします。

都心に住まいを持つことについては、日常生活を送る上で
日用品の買い出しなどが難しく、現実的ではないと
考える方もいるでしょうが、神谷町のように多方面に
徒歩、またはバス程度の移動で色々な方面にアクセスできる
ような街ならば、日常の買い物については比較的
手軽に行えるでしょう。

何より都心に住む場合、自分の仕事場(勤務地)への
アクセス時間が飛躍的に短くなるので、生活に余裕が
出来るということもメリットのひとつです。

車庫証明

引っ越しをした場合、引っ越し先で住むための賃貸マンションを探したり、同時に車を停められる駐車場を探したりすることになるかと思います。 賃貸マンションを探すのも、不動産屋さんをたくさんまわったりして一苦労だったりしますが、駐車場を探すのもまた、手間がかかってしまうものなのではない でしょうか。

簡単に見つけたいと思っても、長い間自分の愛車を停めておく場所となりますから、安易に安いからと言って契約することも難しいですね。 立地条件はどうか、家からの距離は慣れ過ぎてはいないか、きちんと車が管理できる場所かどうかなど、色々なことに気を配りながら考えていかなくてはいけま せん。 http://www.at-parking.jp/では、駐車場検索が簡単にできるようになっています。また、駐車場を検索するだけではなく、車庫証明 のとり方などもわかりやすく説明してくれています。 車庫証明のとり方は、まず駐車場を探すところから始まります。その後、車庫証明申請書類一式を手に入れて、必要なことを書き込みます。自動車保管場所証明 申請書に加え、保管場所使用権原疎明書面(自認書)などの書面も必要となってきますので、落ちがないように記入していきましょう。

その後、警察署に書類を 提出し、車庫証明を受け取って終了です。 サイトを見ると、車庫証明を受け取れるまでの手順が、とても詳しく書かれていますので、不安な方は一読してみてください。

 

月極駐車場ってなんだろう

街中でよくみかけることのある、月極駐車場と言う文字。 みなさんはどういった駐車場のことだと思いますか。 ふつう、駐車場と言うと、自宅でガレージに用意している駐車場だったり、お金を入れて一定時間使わせてもらうコインパーキング、または大型ショッピング施 設などの立体駐車場を思い浮かべるかもしれません。 月極って、どういうことなのでしょうか。 月極とは、一ヶ月単位で駐車場を契約しているという事を指しています。

駐車場にできるような土地を自分自身で保有していないという場合、路上駐車というわ けにはいかないので、駐車場を借りることになりますが、コインパーキングのように一定期間ではありませんし、土地を買うほどでもありません。ですから、月 極という形で、賃貸マンションなどと同じような扱いで、一ヶ月単位で借りているという契約になるのです。 主に、賃貸マンションを借りている人は、引っ越しをするまでの間、数年間その駐車場を借りているという場合が多いのではないでしょうか。

飲食店など、客商 売をしているところは、店の駐車場として、月極で借りているところも多いかもしれません。 月極駐車場についてはhttp://www.at-parking.jp/にて簡単に調べることができます。わかりやすいサイトになっていますから、初め て探すという方にとっても、扱いやすいのではないかと思います。色々な条件から、自分にあっている月極駐車場をみつけてください。

麻布のマンション選び

東京都内でも麻布十番は、立地やアクセスは良い場所で、港区と言う都心のブランド感もあります。 富裕層が住んでいるイメージ髙いですが、商店街もあるエリアもありますから、住みやすい場所と言えるのではないでしょうか。

住まいを探すときには、学校や仕事場へのアクセスが良いかなども大事ですが、近くにすぐに行くことができる病院やコンビニエンスストア、スーパーマーケッ トなどがあるかどうかもかなり重要なことです。徒歩圏内にいろいろな施設が充実していると、とても住みやすいと感じるかもしれません。 また、麻布十番は高速道路がすぐ近くにありますから、車を持っている人で、高速を利用する予定がある人にとってはとても便利なエリアなのではないかと思い ます。 http://www.at-residence.co.jp/line/namboku/azabujuban/では麻布十番に位置しています高級マン ションを紹介しています。絞り込みの検索ができるようになっていますので、該当する最寄駅にチェックを入れて検索したり、間取りや面積などでも検索するこ とが可能となっています。

写真つきになっていますので、よりイメージに近いマンションを見つけることができるのではないでしょうか。 特に、ペット可であるかどうか、駐車場が付いているかなども条件として検索することができるので、疑問に思っていることがすぐに解決する可能性も高いので はないかと思います。

 

自転車もパーキングを考えよう

最近は街中でも通勤通学、買い物の足として、自転車を
使っている人を多く見かけます。
車なら一家に一台ですが、自転車は既に一人一台の勢いで
普及していると言っても過言ではないでしょう。

運転免許いらずで手軽に乗れるので、老若男女を問わず
子供から大人まで日常の足となっている便利な乗り物ですが
その便利さの裏返しとして問題になっていることもあります。

自動車などは購入に際して車庫証明などの必要性から、
常にその「停める場所」というものを意識することに
なりますが、自転車に至ってはその手軽さのあまり、そして
台数の多さも手伝って、マンションなどの限られたスペースに
住む場合に、駐輪場に停めるということをしない、
または出来ないという状況が生まれることがあります。

家族全員が自転車を所有している場合など、停める場所が無いため
本来共有スペースであるべき通路に留め置いたり、
自宅のベランダに停めたり、また、マンションの部屋の中に
持ち込む際にエレベーターなどを汚して他の住人とのトラブルに
なったりもしています。

また、マンションの駐輪場に停めておく場合に、車ほど防犯の意識が
高くないため施錠していなかったりして、盗難にあってしまうことなど
も自転車のパーキングという面でのトラブルとして上げられます。

手軽であれば手軽であるこそ、自転車の駐車場については気軽に
考えられている節もありますが、マンションという集合住宅における
生活ルールのひとつとして、我が家の自転車のパーキングという
ものを一度真剣に考えてみることをお勧めします。

高級マンションの駐車場

高級マンションには、たいてい駐車場もついているという物件が多いのではないでしょうか。格安物件などの賃貸マンション、アパートを借りたとき、駐車場は ついていなかったので、付近で安い月極駐車場を探すことになった人も多いかもしれませんが、高級なレジデンス系マンションには、付随している場合が多いの です。

しかも、物件から離れた場所ではなく、マンションの地下などに駐車場が設けられているケースがほとんどなのではないかと思います。高級レジデンス系のマン ションと言うと、とにかく賃料も高額になってしまうというイメージがあるかもしれません。しかし、その分駐車場が付随していて環境が良いなど、メリットも たくさんあり、人気があるのです。 また、高級物件についているパーキングは、マンションの地下部分など、屋根がしっかりとしていて、四方が守られている環境にあることが多いようです。セ キュリティもしっかりとしているので、24時間体制で自分の愛用車を守ってくれている状態となります。

しかしながら、やはり料金はほかの物件と比べて割高になってしまうことも事実です。しかし、高級車を保有している方からすれば、しっかりとしたセキュリ ティの場所に保管しておくことで、自家用車が長持ちできるというメリットも同時にあるのではないでしょうか。高級レジデンス系のマンションはたくさんあり ますから、いろいろな選択肢の中から自分にぴったりのものを選べると良いでしょう。

海外で借りる賃貸物件―間取りについて―

留学や仕事での赴任などで、日本以外の海外の国で
生活をすることになり、アパートのような賃貸物件を
借りようと思っても、なかなか個人では物件の契約が
難しいものです。

その国での不動産に関する商習慣が、日本とは異なって
いる場合もありますし、そもそもどうやって物件を探したら
よいのかわからない事もあります。

最近では日本の不動産賃貸の会社が、海外にも支店を構えて
おり、現地の物件を仲介してくれたり、日本人向けの賃貸物件を
探してくれるようになりました。
また、インターネット上でそういった海外物件を検索することも
できるようになりましたので、日本で物件探しをするような
手軽さで情報が手に入るようになっています。

但し海外ということもあって、物件のカバーエリアはその国の
主要都市に限られているようです。

さて、海外と日本との賃貸物件での相違といえば、やはりその広さと
間取りにあるでしょう。
海外の賃貸物件を探す時に、日本ではほとんど見たことがないような
間取りがあったり、また独特の用語があったりします。

例えば最近では、日本の物件でも見かけるようになった用語ですが、
間取りを表すタイプに「スタジオタイプ」「アルコーブスタジオタイプ」
と呼ばれるものがあります。

一口で言うと、間仕切りのない一部屋タイプの間取りで―日本で
言うところの「ワンルーム」を意味します。
元々アメリカで使われてきた用語ですが、日本での「ワンルーム」が
一般的に20平米程度であるのに対して、アメリカでの
「スタジオタイプ」はもっと広い一部屋であることが一般的です。

扉を開けると全てが見通しになってしまうのが
ワンルーム(スタジオタイプ)の欠点ですが、部屋がL字型になっており
部屋の一部にドアから見通せない死角が設けてあるような間取りの
タイプを「アルコーブスタジオ」と言います。
何事も開放的な印象があるアメリカでも、生活上のプライバシーに
ついてはやはり気になるもののようです。

一階部分を駐車場に

駐車場と言うと、コインパーキングや、高級レジデンスにあるパーキングなどを思い浮かべる人が多いかと思いますが、建物の一階部分を駐車場として使ってい る家を見たことがないでしょうか。このつくりも、気を付けて見ていると、街中に意外とたくさんあることがわかるかと思います。 たとえば、会社のオフィスビルの、一階部分が駐車場になっていて、何台も停められるようになっているパターンです。

ビルの一階部分にあたるところが空洞に なっていて、それが駐車場の役割を果たします。同じく一階部分にあたるところに玄関があり、2階、3階、4階と事務所として使えるスペースになっているも のです。空間をうまく活用している例だと思いますが、オフィスとして、従業員たちが車をしっかりと停めることができますし、土地としても有効活用できてい ますので、良いと思います。

このつくりは、オフィスビルに限ったものではなくて、民家の一戸建てなどでも採用されています。少ない土地の中でどうやって駐車場と家を建てるかと考え、 こういった形にしたのは大変合理的なのではないかと思います。空洞になっていることにより、耐震強度を心配する声もあるようですが、しっかりと設計されて いれば問題ないとの見解もあります。造るものの材質や基本構造が大事になってくるようです。東日本大震災が起こってからというもの、地震も多くなっている 昨今ですので、強度にはこだわりたいですね。

ナンバープレート認識

先日、都内の大きな本屋さんは車で出かけました。
駐車場は、本屋さんが入っている大きなビルの下です。
都内の一等地という事もあって、本を購入しても大した無料サービスはつかないのですが、無料チケットをもらいました。

駐車場は、前払いで料金を払いました。
そして、ビルから出る時、またゲートを通らないといけないのですが、うちの車がくるなり、ゲートが自動で開きました。
不思議でした。皆さんもこんな経験はありませんか。

実は、これ、ナンバープレートで管理されているのです。
入庫した時に、駐車券とナンバープレートが撮影され、管理センターに情報が送られています。
前払いした時も、管理センターに送られてスムーズに出庫できる仕組みです。

こうした、ナンバープレート認識をし、管理する方法は、駐車場以外にもこんな使い方もされているのです。
それは、車の大型ディーラーでも採用されています。
店頭の入り口に実はカメラがあり、ナンバープレートを読みとっている事にご存知であろうか。
こちらも、ナンバープレートを読みとり顧客管理システムに送られる仕組みです。
店内の社員は、そのお陰でお客様の来店歴や車検、点検予約などの情報を直ぐに把握できる仕組みになっているのです。

こうした利用などで、近年、ナンバープレート認識のビジネスが拡大してきています。
ナンバープレートからは、実は様々な事がわかるのです。
個人情報保護法の適用外にもなるので、今後もナンバープレート認識のビジネスは増えるでしょう。

駐車場の法律

 

私たちが生きていく中では、いろいろな法律が関わっています。法律によって、周りの人たちとのトラブルが解決していくとも言えますし、大きな犯罪になる手 前での抑止力になっているとも言えます。この法律、パーキングにもパーキングについていの法律があると、知っていましたか。 駐車場に関しては、駐車情法という法律が関わっています。道路については、道路交通法などが基本となっていますが、駐車場には駐車場専用の法律があるので す。

たとえば、駐車場を設置したいと思った時、基軸となるのは、駐車情法という法律です。また、駐車場法に加えて、バリアフリー法も関わってくる可能性が あります。 駐車場を作りたい場合、それが路外駐車場なのか、区画内の合計面積がどれだけなのか、駐車料金を徴収する物なのかと言ったところをはっきりさせて、法的に 合致するようにしなくてはいけません。 路外駐車場でない場合や、面積が狭い場合などは、届け出が必要なかったりするので、自分が設置したいと思っているパーキングの内容によって、どれだけ法的 手続きが必要なのかが変わってくるのです。

ネット上で検索してみますと、駐車情法にのっとった手続きが必要な場合とそうでない場合が、簡単な質問に答える だけでわかるフローチャートになっているものがたくさんありますから、簡単に見分けることが可能となっています。 これから駐車場を設置しようと考えている人、興味や関心を持たれたという方は、ぜひとも駐車場法について詳しく調べてほしいと思います。